便秘解消のために腸内環境を改善したい

Month: 10月 2016

ストレスは腸からやってくる!幸せになりたいなら腸活しよう

あの人はいつも幸せそうなのに、私はイライラしてばかり…そんなふうに感じていませんか?いつも楽しそうな人を見るたび、自分と比べて落ち込んでしまうこともあると思います。
自分は幸せになれない、ストレスを感じやすい、そう思い込んでいる方は、腸が疲れきっているのかもしれません。今回はストレスと腸の意外な繋がりと、幸せになるための腸活法を伝授いたします。

腸が弱ると心も弱る

ストレスの感じやすさは遺伝子や環境によって左右されることが多いのですが、腸の健康状態とも深い繋がりがあります。ストレスを感じてイライラしてしまうのは、セロトニンとドーパミンが不足している証拠。そしてセロトニンとドーパミンは、実は腸から作られているんです。

腸が弱りこの二つが分泌されなくなってしまうと、心まで弱ってしまいます。なんだか急にイライラしやすくなった気がする、そのような方はもう一度腸の健康状態を見直してみましょう。

ストレスの原因は便秘かも

便秘が続いたとき、ネガティブになったり落ち込みやすくなったりしたことはありませんか?反対に快便のときは、何事も前向きに考えられるようになります。便秘がストレスの原因となる理由は、お腹の張りやガス溜まりといった肉体的なストレスも関係しています。

そしてもう一つ、便秘によって腸内の環境が悪くなることで、幸せ物質が分泌されにくくなることも原因です。

腸活して幸せになる方法

腸活とは、腸内環境を整えて腸を元気な状態にする活動のこと。腸が元気になると、幸せ物質が分泌されやすくなり、ストレスを感じにくくなります。具体的にどのような腸活をすればいいのかをご紹介していきます。

しっかり食べて栄養を摂る

ストレスが溜まると暴飲暴食になりがちですが、これはNGです。バランスよく栄養をしっかり摂ることで、腸内の善玉菌が増え腸が元気になっていきます。唾液は消化を良くしてくれる働きがあるので、よく噛んで食べることを心がけましょう。

また、食べ過ぎてしまった日は、翌日に一食抜くなど胃腸を休めることも大切です。

運動をする

体を動かすこと自体がストレス発散になりますし、運動による刺激で腸のぜん動運動が活性化され、便秘解消にも効果的です。運動をするのが難しい時は、お腹をマッサージするだけでも効果が期待できますよ。

体と胃腸を温める

体の冷えは血行不良と内臓機能の低下を引き起こします。冷たいものは控えめに、温かいドリンクやスープなどを飲んで胃腸を温めましょう。お風呂に入ったり、ストレッチをして体を温めるのも効果的です。

最後に

今回はストレスと腸の繋がりについてご紹介していきました。仕事のプレッシャーや人間関係の問題など、ストレスの原因そのものを無くすことは簡単ではありません。しかしストレスを感じにくくするのは、誰にでもできることなのです。

暗い気持ちで毎日の生活を送るよりも、楽しく笑顔で過ごした方が良いですよね。イライラしやすいと感じたら、腸活をして腸と心を元気にしていきましょう。

便秘解消に役立つ酵素を効果的に摂る方法

美容のため、健康に長生きするために注目されているのが酵素の働き。そしてこの酵素は、便秘解消の味方でもあるんです。しかしデリケートで壊れやすい酵素は、正しい方法で摂取しなければあまり効果がありません。

酵素の働き

胃腸と酵素の関係、酵素の効果的な摂取方法をまとめました。

消化酵素

酵素には食べ物を消化する働きがあります。この酵素を消化酵素というのですが、消化酵素が不足すると消化不良となり、食べ物の分解がうまくできなくなってそまうのです。その結果消化されずに残った食べ物が長時間腸にとどまり、悪玉菌のエサとなって腸内環境を悪化させてしまいます。

体に良いとされている食べ物を毎日摂取していても、消化機能が低下していては意味がありません。栄養価の高い食品の摂取も重要ですが、消化機能を高めることも意識しなくてはいけないのです。

食物酵素

体内に存在する消化酵素とは異なり、食べ物から摂取できるのが食物酵素です。食物酵素には炭水化物やタンパク質、脂質を分解するものがあり、消化吸収を助けてくれます。消化機能を助けるためには、食品から食物酵素を摂取することが重要なのです。

酵素が含まれる食品と注意点

酵素が含まれる食品

消化吸収を助けてくれる酵素はどのような食品に含まれているのでしょうか。代表的なのは野菜や果物です。野菜はキャベツや大根、トマトやほうれん草、ニラやじゃがいもなど。果物はアボカドやバナナ、キウイやリンゴなど様々です。

酵素を摂取する際の注意点

酵素がデリケートで壊れやすい成分であることは、冒頭でもお話ししました。では具体的にはどのような点に注意して摂取すればいいのでしょうか。

1.加熱を避ける

酵素には耐熱性がなく、わずが60度前後で壊れてしまう性質を持ちます。つまり酵素は熱を加えず生のまま食べることで、効率的に摂取できるのです。とはいえ生の野菜や果物は暈が多く食べづらいので、スムージーやドリンクにして取り入れるといいでしょう。

2.しっかりと噛む

食べ物をしっかり噛むことで、唾液からアミラーゼという消化酵素が分泌されます。アミラーゼが消化吸収を助け、食物酵素の働きをサポートしてくれます。

3.栄養バランスを意識する

酵素はビタミンとミネラルを同時に摂取することで効果的に働きます。そのため、ビタミンとミネラルを多く含む食品を食事に取り入れることが大切です。また酵素は野菜や果物以外にも発酵食品に多く含まれているため、発酵食品も意識して食べるようにしましょう。

4.お酒やタバコは酵素の大敵

アルコールやタバコに含まれるニコチンは、酵素の働きを阻害してしまいます。せっかく酵素を摂取しても、飲酒や喫煙をしていると努力が水の泡に。これらの嗜好品はできるだけ控えるようにしましょう。

まとめ

消化機能をサポートし、胃腸の働きを改善してくれる酵素。便がスムーズに出るようになれば、悪玉菌が減り腸の中がキレイになっていきます。そして酵素はアンチエイジングや美容、健康にも効果的な栄養素。野菜や果物、発酵食品を意識して取り入れ、便秘に負けない腸を手に入れましょう。

子育て中は便秘になりやすい!忙しいママの便秘対策

子供が生まれると生活が一変します。あやしたり寝かしつけたり、授乳したりと休まるヒマがありません。そんなママさんたちが悩まされることの多い便秘。子育て中に便秘になりやすい原因と、忙しいママの便秘解消法をお伝えしていきます。

子育て中に便秘になりやすい原因

妊娠中に便秘になることはよくありますが、出産を終えても改善せず、お腹の不調が続いてしまうことがあります。産後も便秘が続いてしまうのには、以下のような理由が存在します。

1.母乳の影響で水分不足になるため

産後便秘の中でも、母乳を与えているママさんは特に便秘になりやすいと言われています。これは母乳を作る際、体の水分が母乳に奪われてしまい、便に含まれる水分の量が減ってしまうため。

母乳を作る際に必要とされる水分は一日に500~700ml程度。成人女性の一日の水分摂取目安量は2Lですが、妊娠中は2.5L前後の水分を摂取しなければならないのです。しかしこれほどの水分を毎日摂るのは簡単なことではありません。そのため便の水分量が減り、硬くなることで便秘になってしまうのです。

2.トイレに行く時間がない

子育て中はひと息つくこともできないほど忙しくなります。その忙しさはトイレに長く入ることができないほど。便意をもよおしても、トイレに入っている最中に子供が泣き出したら途中で出なくてはいけません。

トイレを後回しにしているうちに便意を感じにくくなり、直腸性便秘を引き起こしてしまうことがあります。

3.ストレスや睡眠不足、偏食や過食

夜間の授乳や夜泣きで睡眠不足になったり、育児疲れでストレスを感じることも便秘の原因になります。睡眠不足やストレスは自律神経にも影響を及ぼし、腸の働きを悪くしてしまうのです。

また、ゆっくりと食事をする時間が取れないため、偏食や過食に陥りやすいことも原因の一つ。栄養バランスが悪くなることで、排便回数や便の質が低下してしまいます。

育児中の便秘解消法

忙しいママにとって、便秘は切っても切れない症状。少しでも便秘リスクを下げるために行いたい便秘解消法をご紹介します。

水分を摂る

授乳中のママさんは、通常よりも多くの水分を必要とします。しっかり水分を摂り、スープやお粥など水分を含む食事を意識して取るようにしましょう。一気にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むことが大切です。

便意を我慢しない

便意を感じたら、そのタイミングでトイレに行くようにしましょう。我慢すればするほど便が出にくくなってしまいます。緊急な時を除いて、赤ちゃんを少しの間泣かせていても大丈夫です。

リラックスできる時間を作る

子育て中は常にピリピリしていて、十分な睡眠を取る時間がありません。このような生活ではストレスが溜まり、便秘が悪化するだけでなく体調を崩してしまうこともあります。たまには両親に子どもを預けて好きなことをしたり、ゆっくり眠ったりしてリラックスできる時間を作りましょう。

まとめ

便秘の症状を感じたら、水分を多めに摂り、行きたくなったタイミングでトイレに行くことが大切です。子育て中の悩みがストレスに繋がることもありますので、一人で抱え込まず誰かに相談するようにしましょう。

便秘がひどい場合は、専門の医師に見てもらうと安心です。心と体に余裕ができることで、子育てがさらに楽しくなりますよ。

Copyright © 2017 便秘解消のために腸内環境を改善したい

Theme by Anders NorenUp ↑