健康のために発酵食品を食べている方はたくさんいます。ヨーグルトや納豆、味噌やチーズにぬか漬けなど、日本には様々な発酵食品が販売されています。そんな発酵食品に含まれている微生物には、多くの種類が存在することをご存知でしたか?

ここでは発酵食品の定義と種類、効果的な食べ方についてお伝えしていきます。

発酵食品とは何か

子どもの頃から身近に存在する発酵食品。納豆や味噌、お漬物やお酢など、私たちの食卓にお馴染みの食品ばかりですよね。日本は世界有数の発酵食品大国とも言われているのですが、そもそも発酵食品とは何かご存知でしょうか?

発酵食品とは、食材に付着していた微生物が有益な成分を作り出した食品のことを指します。このとき、作り出された成分が人間にとってプラスの働きをするものであれば発酵、マイナスな働きをするものであれば腐敗と区別されます。

発酵食品に存在する微生物

ひと口に発酵食品といっても、食品の中に存在する微生物は様々です。その中で代表的な5つの微生物をご紹介しましょう。

1.乳酸菌

私たちがもっとも聞き慣れてるもの、それが乳酸菌です。ご存知の通りヨーグルトに数多く存在する微生物ですが、そのほかにも味噌や醤油、キムチなどを作る際にも役立っています。腸内環境改善や大腸の病気予防、アレルギー緩和などの効果があると言われています。

2.納豆菌

日本人にとってお馴染みの食品といえば納豆。納豆は納豆菌が大豆に付着し発酵することで出来上がります。納豆菌が作り出すナットウキナーゼは腸内をキレイにしたり、血液の流れを良くしたりする効果があります。

3.酵母菌

醤油や日本酒、パンなどを作るときに用いられるのがこの酵母菌。糖や脂質を分解して、人間に有益な働きをするクエン酸やアミノ酸を生成する働きを持っています。食材の表面や土の中、そして空気中など様々なところに生息しています。

4.麹菌

最近急速に注目を集め始めた麹菌は、糸状菌と呼ばれるカビの一種です。食材に含まれるデンプンやタンパク質を糖やアミノ酸に変え、食材の旨味を引き出す役割を持ちます。味噌や醤油、甘酒を作る時に欠かせない存在です。

5.酢酸菌

酢酸菌はお酢を製造する上で必要不可欠な菌です。酒を酢酸発酵することでお酢が作られるほか、ナタデココやカスピ海ヨーグルトの生成にも使用されています。

発酵食品を効果的に食べるには

調味料やおかず、乳製品やアルコールなど、発酵食品には様々な種類があることがおわかり頂けたと思います。効果的に発酵食品を摂るために重要なのが、「いろんな種類を毎日食べる」ということ。微生物がもたらす効果は種類によって異なりますので、複数の発酵食品を食べることが望ましいのです。

とはいえアルコールは飲みすぎると内臓に負担が掛かりますし、調味料は塩分が多いため、たくさん摂取すると塩分のとり過ぎになってしまいます。あくまで適量を、毎日継続して食べるようにしましょう。