便秘解消に効果的なのが乳酸菌。しかし実は、乳酸菌だけを摂取してもあまり効果が期待できないってご存知でしたか?

大事なのは乳酸菌+食物繊維なんです!それでは、乳酸菌と食物繊維の正しい摂取方法をご紹介しましょう。

「腸内環境を整えるなら乳酸菌」は正しい?

乳酸菌といえば、腸内をキレイにして腸内環境を整えてくれるイメージがありますよね。たしかに乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし、腸をキレイにする働きがあります。

しかし注意して欲しいのは、便秘が続いている状態で乳酸菌を摂取しても、十分な効果が得られないということ。

便秘が続いている時の腸内は、排出されていない宿便がたくさん残った状態です。そのため便が邪魔をしてしまい、せっかく摂った乳酸菌が無駄になってしまうことがあるのです。

乳酸菌に食物繊維をプラスして効果アップ!

便秘を解消したいときは、乳酸菌だけでなく食物繊維も併せて摂取するのがオススメです。実は、食物繊維も乳酸菌と同様、善玉菌のエサになるんです。

善玉菌が乳酸菌や食物繊維をエサとして摂り入れることで、善玉菌の数が増え腸内環境を整えることができるんですね。

オススメは植物性乳酸菌+水溶性食物繊維

乳酸菌の種類

まず、乳酸菌には「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の二つが存在します。

動物性乳酸菌はチーズやヨーグルト、乳酸菌飲料などに含まれ、植物性乳酸菌はキムチや味噌、納豆などに含まれています

どちらも善玉菌のエサになる腸にとってプラスに働く菌ですが、便秘解消のために摂取するなら「植物性乳酸菌」がおすすめ。

動物性乳酸菌は、牛乳主体で作られる菌で、存在する場所が限られます。しかし植物性乳酸菌は様々な菌と共存することができ、強い働きを持つという特徴があるんです。

そのため、腸にしっかりと届けるためには植物性乳酸菌がオススメなのです。

食物繊維の種類

続いて食物繊維ですが、こちらも乳酸菌同様2つの種類が存在します。一つが「不溶性食物繊維」、そしてもう一つが「水溶性食物繊維」。

どちらも便秘改善に効果的な成分ですが、乳酸菌と同時に摂取するなら水溶性食物繊維がおすすめです

水溶性食物繊維は、便の水分を増やし排出しやすくする働きがあります。便が硬くて出しにくいという方は、水溶性食物繊維を積極的に摂取しましょう。

食事量が少なく便の量も少ないという方は、不溶性食物繊維も併せて摂取することをオススメします。

まずは宿便を減らそう

乳酸菌と食物繊維を摂取することで、宿便を外に排出しやすくする状態を作ります。

ある程度宿便が排出されたあとも、そのまま乳酸菌と食物繊維の摂取を続けましょう。徐々に善玉菌の数が増え、腸内環境が整っていきます。長期的に続けることで、便秘になりにくい体へと変えることができますよ。